ロゴ

ゲームクリエイターになるにはまず学ぶことが大事

人気ゲームを作るには発想力が大事と言われますが基本を知らなければ新しいものを生み出すことはできません。そもそものゲームの作り方や今まで売れてきたゲームの傾向などを学ぶことでその上を行くものや今までなかったものを生み出すことができます。

ゲームクリエイターとゲームプログラマーの違い

関わる人の総称

ゲームクリエイターとはゲーム制作に関わる人の総称です。ゲームを一人で作るには学ぶことが多すぎます。基本を身に着けておいて専門的なことになれば得意な誰かに参加してもらうのが賢い選択です。そうやって集まったデザイナーやシナリオライターなどゲーム作りには欠かせない人たちがすべて含まれます。

プログラムに特化した人

ゲームプログラマーとはゲーム制作に関わる人の中でもプログラムに特化した人のことです。シナリオやキャラデザインが素晴らしくてもそれを動かすためのプログラムがなければゲームは成立しません。ゲームの人気を左右するゲームシステムの根幹を作っているのがゲームプログラマーです。

専門学校へ通ってプロを目指す

ゲームクリエイターになるには専門学校に通ってプロを目指すのが近道です。ゲーム制作の全体像が分かる上に必要な知識を体系立てて学べます。講師陣や業界関係者との人脈が作れれば自分のアイデアや能力を売り込むチャンスにもなります。

ゲームクリエイター科のある専門学校で学べること

勉強道具

プログラム技術

対応デバイスによって作り方は異なりますがプログラムが動作する理屈やコーディングの理論はそれほど大差ありません。何か一つプログラム言語をマスターしておくと他の言語にも応用が効き、将来的にたくさんのゲーム作成に携わることができます。

ゲームデザイン

インテリアや服飾の方と同様にデザインの基礎を学ぶことは変わりませんがゲーム独特の分野もあります。魅力的なキャラデザインや効果的な背景の使い方などは単なるデザインだけの知識では賄いきれないものがあります。また昨今のゲームはCGや3Dの技術は必須になっています。

シナリオの書き方

ゲームの面白さの基盤を担うシナリオは学んでおいて損はありません。ノベルゲームにするかRPGにするかでも書き方が全く異なります。同じ情報でも出す順番を変えるだけで流れが劇的に変わるのが奥深いところです。大事なアイデアを最善の方法で実現できるように表現方法は少しでも多く学んでおきましょう。

ゲームクリエイターになるには専門学校に通うのがおすすめ!

PC操作

授業でプロの人からアドバイスがもらえる

講師には様々な方がいらっしゃいますが少なくとも自分がゲームクリエイターを経験した人ばかりです。現役のプロ講師に教えてもらえることを前面に出していれば今現在ゲームを作っている人に会うことができます。ゲーム業界の中にいて現状をよく知っている人たちなので話したいことは尽きないでしょう。自分の制作物に関してアドバイスがもらえるのも貴重な機会です。単にうまいだけでは商品になりません。ゲームとして発売することを考えた目線でのアドバイスになるのでこれから業界に入る学生にはない意見がもらえます。

広告募集中